子育てコーチング

「押すなよ、押すなよ」では絶対押してしまう!脅しを使わない子どもへの禁止の伝え方

ご質問、お悩み相談、新着情報はLINEで
https://line.me/R/ti/p/%40xcx6758e

ダチョウ倶楽部のギャグではありませんが

「押すなよ、絶対に押すなよ!」
と言われれば

押したくなるのが人間の心理です。

子どもを叱る時も同じで

「~しちゃダメ」
「もう一度こんなことしてみろ、さもなければ…」

といった言い方では
子どもは同じことを繰り返すだけです。

この動画では
脅しや禁止ではなく
どのように伝えればよいのか解説します。

ご質問、お悩み相談、新着情報はLINEで
https://line.me/R/ti/p/%40xcx6758e

 

 

【関連動画】

■子どもが見え透いたウソをつく5つの理由と対処法

■いつもの会話を変えるだけで賢い子に!?魔法の会話テクニック

■「体罰禁止法」の影響は?叩いたら逮捕される!?つい叩いてしまうママが知っておきたいこと

■子どもが約束を守らない!たった1つの解決方法

■「ダメ!」と言うほど反抗する子どもの心理とは?~効果的な言い換え術

■ダメと言われるほどやりたくなる「シロクマ効果」とは?

■子どもが伸びる「褒めるベストタイミング」とは?