子育て心理学

子どもを傷つけずしっかり心に響く叱りかた|ニューロロジカルレベルを意識する

子どもを叱る時
つい感情的になって

「バカじゃないの」
「ダメな子」
「デキの悪い子」
「邪魔なんだけど!」

などと

子どもを傷つけるようなことばで
罵倒してしまいがちです。

ですが、
このように
人格を否定するようなことばを使うと

自分の存在そのものを否定されたように感じ
子どもの自己肯定感は下がる一方です。

子どもを叱る時には
「ニューロロジカルレベルを意識した叱り方」をすることが大切です。

効果的な叱り方について
心理学的な視点から
やさしく解説しています。

ご質問、お悩み相談、新着情報はLINEで
https://line.me/R/ti/p/%40xcx6758e

 

 

【関連動画】

■褒めて育てても自己肯定感は育たない!?

■子どもが「何度言ってもいうことを聞かない」意外な原因と対策

■「バカじゃないの!」これだけは本当に禁句です

■子どもが見え透いたウソをつく5つの理由と対処法

■子どもに片付けやお手伝いさせる心理テクニック

■これだからママ友の話は信用できない!スリーパー効果とは

■いつもの会話を変えるだけで賢い子に!?魔法の会話テクニック

■「体罰禁止法」の影響は?叩いたら逮捕される!?つい叩いてしまうママが知っておきたいこと